昨夜のブラタモリ

  • 2017.08.20 Sunday
  • 13:38

JUGEMテーマ:日々のくらし

 

昨夜のブラタモリは「長瀞」でした。

恥ずかしながら知りませんでした。

 

用事をしながら見たので、時折見逃していますが、素敵な荒川橋梁が映ったときは、サスペンスドラマなどで見たことがあると少し興味がそそられました。

ここにある橋梁だったのですね。

(写真は8月19日NHK「ブラタモリ」7時半〜8時15分の番組内の画像より)

 

川下りが観光の目玉だそうです。というのも、このあたりは地形・地質の宝庫だそうです。

紅簾片岩というピンクの岩石がむき出しになり、ミルフィーユのような片理も多く見られます。このはがれやすい片理と、節理によって、岩畳ができたとのことでした。

この天然記念物の上に、自由に腰をかけられる、とても贅沢な観光スポットなんですね。

※節理・・・岩石体に広く群をなして発達している割れ目のことで、それを境に両側がずれ動いていないもの

 

川下りでは「秩父赤壁」も見られ勇壮な景色ですが、これは決して赤い壁のような岩ということではなく、中国のレッドクリフにちなんで付いた名称だそうです。

 

また「長瀞」という個性的な名前は、断層によって直線的な川となったため、波が立たず穏やかになり、それが長く続いたので付いたそうです。そこで案内人のジョークがさく裂!

「もう少し短く中くらいだったら中瀞(中トロ)ですね!」

そこでタモリさんが

「もっと大きければ、「大トロ」ですね!」

 

こんなやり取りの後、一行は名物のかき氷を召し上がりました。

実はこのあたりでは養蚕が盛んで、富士山麓にもあったように、天然の氷室で蚕の卵を貯蔵し、時期をずらして孵していたそうです。

 

それが今では、観光客を楽しませるかき氷に利用されているのだそうです。

ところで、タモリさんは氷など冷たいものを食べると、こめかみではなく、後頭部が痛くなるそうです。不思議・・・

 

週末には観光客のために、SLが走るそうです。電車好きの孫を乗せてやりたいなあおばあちゃん

この日は特別タモリさんと近江アナを乗せて走らせてくれていました。近江アナは石炭を燃やす暑さと、いろんな部分が常にカタコトと動いているので、「生きているみたい」と感想をおっしゃっていました。

この日は「ブラタモリ夏休みSP」でしたが、地形地質の宝庫である長瀞はまさにタモリさんの夏休み旅行になったでしょうね。

 

9月2日は「十和田湖と奥入瀬」からだそうです。

 

PR

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

プロフィール

profilephoto
60歳代 細々とマナー講師をしていましたが、思い残すことなく、講師活動に終止符を打ちました。 お仕事の投稿は出来なくなりましたが、カラ―アナリストもしていましたので、街で出会ったおしゃれな人や、間違いだらけのカラ―コーディネートファッションのご紹介、歴史や面白かった本のご紹介などもしていきたいと思っています。

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM