「もも(百)」には,新社会人となったのが
100期だったことや、以前に飼っていた柴犬の
名前がももだったり!
そんな私の日ごろのつぶやきです。
 
おしゃれさん!
0

    JUGEMテーマ:日々のくらし

     

    日本がアメリカの疾病関連の組織から、渡航注意国に指定されてしまいました。

    これは中国に次ぐもので、香港と同レベルにされてしまいました。

     

    なぜ1月に中国との人のやりとりを遮断する英断をしなかったのでしょうか?

    決して今だから思うのではなくて、当初から思っていました。

    昨夜のBSフジのプライムニュースでも外務副大臣がもっと早く遮断すべきだったが、当時は政府内では少数派の考えだったそうです。

    ありえません。こんな頭の悪い私が気付くような単純なことです。

    中国に忖度していたのでしょうか?

    あ・り・え・ま・せ・ん。

     

    考えれば、インフルエンザでも患者は会社や学校を一定期間休まなければなりません。

    同じように国レベルでは、一定期間、人の行き来を止めるべきだと思います。

    決して差別ではなく、起こってしまった国はどこであってもそうなるのは仕方ないと思うのですが。

    応援しながらも、一時的に遮断するべきかと思います。

     

    ダイアモンドプリンス号は、アメリカ所有で、英国船籍にもかかわらず、日本を批判しているというありさまです。

    日本の対応が遅かったとはいえ、こうなったのは日本の世界への発信の仕方も大変まずいですね。

    乗船客からSNSで、いろいろ発信されているにもかかわらず、国としての世界に向けての発信が全くできていません。もっとしっかりすべきです。

    上記のニュース内でも認めていました。

    やはり外国語を交えて日本と世界に向けて発信する報道官を置くべきだと思います。

    ころころ変わる大臣任せではダメです。報道のみの担当者が必要です。

     

     

    今となってコロナウイルス肺炎の終息を願うばかりですが、昨日素敵なおしゃれさんを発見しました。

    後ろ姿を見ると、キャメル色のコートにキャメル色のブーツ。

    ちらちら見えるからし色に近いイエローのプリーツスカートが素敵

    バッグもぼかしの効いたからし色のエナメルのバッグ。これまたオシャレのグレードをアップしています。

    冬の温かい装いに、エナメルの持つクールさがアクセントになっていました。

    最初は気付かなかったのですが、手先が見えるとこれがまた革のオレンジ色の手袋

    グッとくる同系色のアクセント色!それもグローブに使っているところがにくいですね!

    アメイジング!

     

    流行にとらわれないコンサバティブなファッションでありながら、しっかり主張のある素敵なコーディネートでした。

    ちなみに、家の前を通り過ぎられるときに見たら、黒ぶち眼鏡にゴールドのピアスかイヤリングをつけていらっしゃいました。

     

    不安な今日この頃ですが、一服の清涼感を感じました。

     

    本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

    【2020.02.22 Saturday 17:33】 author : もも
    | ファッション | comments(0) | - |