これからのフィギアスケートを占う!

  • 2018.02.25 Sunday
  • 17:03

JUGEMテーマ:日々のくらし

 

 

今,録画していた平昌オリンピックのフィギアスケート・エキシビションを見ていました。

 

世界に全く歯が立たない時代が長かったフィギアスケートも、伊藤みどりさんの活躍で脚光を浴びました。

それからしばらく低迷し、男子シングルで本田選手が少し頭角を現し、高橋選手がオリンピックで銅メダルを取りました。しかし、その頃は、浅田真央ちゃんが大活躍で、安藤美姫さんや鈴木明子さんがいて、女子のフィギアに大変華やかな時代がやってきました。そして、数年前からその女子に取って代わって、ここ数年、羽生選手と宇野昌磨選手の大活躍で、日本の男子フィギアが華やかです。

 

宇野昌磨選手は年齢的にまだまだ活躍するでしょうし、良きライバルがすぐそばにいるラッキーな環境ですから間違いないでしょう。

 

この順番でいくと、次は女子の時代がやってくると思います。そして次の中心は坂本選手や紀平梨花選手ではないでしょうか。

紀平さんはすでにトリプルアクセルを各大会で成功させています。坂本さんは高さと幅のある伸びやかなジャンプが外国選手に劣らないと思います。華やかさでいうと本田真凛選手ですね。

今までは東海地方がフィギアスケートの聖地だったと思います。

今は関西にその流れがきています。これは私が関西人だから言うのではなく、なぜか時代時代で,ある地域に活躍選手が集まる傾向があるように感じます。宮原さん、坂本さん、紀平さん、本田さんの全員が関西を拠点にしています。

 

宮原さんは努力家で、安定した演技が素晴らしいと思います。ただ小柄で技の切れがあっても華やかさに欠けます。

そこで提案ですが、宮原さんには、ジャンプやステップの安定感だけでなく、個性を表現してほしいです。

たとえば、荒川静香さんのような得点に結びつかないときでも取り入れた体をそらしたイナバウア、羽生選手は男性には珍しい柔軟な動き、宮原さんと同じくとても小柄な宇野選手は特に参考になると思うのですが、氷ぎりぎりまで背中側に折り曲げる動作は彼だけのもので、観衆と審査員をグーっと引きつけています。そんなオリジナルを是非生み出してほしいですね。そうすれば、ロシア勢に対抗できる一番手に間違いなく彼女がくると思います。

 

今度は女性の番だと信じています。

でも羽生さんには是非四回転アクセルを成功させてもらい、宇野選手には北京オリンピックで金メダルを取ってもらいたいです。

《羽生選手は話すと男らしいのですが、どうも衣装が気に入りません。もともと線の細いタイプなので、あまりヒラヒラしたものより、華やかな中に線の太さを表現できるような衣装がよいのではないでしょうか。特に今回のエキシビションのような胸元と背中が大きく開いたタイプは、個人的にはどうかなあと感じました。演目を意識したのでしょうか?でも違う方法で、男性が演じる白鳥の衣装があるのではないかと、余計なお世話ですが感じました。それにしても演技はしなやかで素晴らしかったですね。》

(自称:スポーツコメンテーター照れちゃう  大変失礼しましたお辞儀1

PR

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

プロフィール

profilephoto
60歳代 細々とマナー講師をしていましたが、思い残すことなく、講師活動に終止符を打ちました。 お仕事の投稿は出来なくなりましたが、カラ―アナリストもしていましたので、街で出会ったおしゃれな人や、間違いだらけのカラ―コーディネートファッションのご紹介、歴史や面白かった本のご紹介などもしていきたいと思っています。

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM